中文版  |   English

今の位置:ホーム > ニュース

ニュース

Yahoo SEOでサーチエンジン  注意すべきなところ       

文章来源:http://jp.trueland.net  作者:佚名  发布时间:2012-5-14 9:27:22  浏览次数:

         中国SEOは最近インターネット業界に深い影響を及ぼしました。SEOが壮大になっているとともに、SEO業者とSEO株式会社が大幅に増えてきました。もともとSEO最適化には様々なツールがありますが、SEOに関わる知識に対してよく納得できないSEO業者が存在するのは不正行為をもたらしています。
       検索エンジン最適化対策では、ヤフーとグーグルサーチエンジンに登録が受理されると、ホームページのデータがキャッシュされます。 検索エンジンにはクローラーというツールがあって、リンクを巡ってホームページ内のデータをサーチエンジンシステム内に読み込ませる働きをしています。ヤフーやグーグルにはページランクというものがあります。このページランクが高いサイトへは、クローラーが頻繁に巡回していますので、ホームページの更新をした際など、更新履歴がすぐに変わります。
     グーグルとYahoo SEOでサーチエンジに上位表示させることに対して、ホームページ内のコンテンツの内容が重要視されています。コンテンツの質が良好なサイトが検索検索結果の上位に表示されやすくなっておりますので、 コンテンツの充足をすることに重視を注いでください。自分のサイトのテーマを考えてコンテンツ重視のサイト構築を心掛けないと、SEO最適化上位表示を維持するはむずかしくなるでしょう。 コンテンツの他に、意味のない相互リンクやチープなサイトへの無数のリンクやエンジン登録は評価をかえって下げてしまいますので、注意が必要です。無謀なSEO対策のバックリンクは危険です。現在では、リンクを販売している業者が存在します、注意が必要です。やたらにリンクを買ったら、検索スパムを認定され、インデックスに除去されてしまう恐れがあります。
       だから、正規のホームページに対して、私は同様に正攻法なSEO手法をおすすめします。SEO対策の手法にいろいろあるのは間違いないですが、つい検索スパム行為になるのが注意しなければなりません。我が社は中国SEOの先頭として、正規で、合理的なSEO最適化サービスを提供しております。それに、英語と日本語SEOなどの海外のSEOも着手しつつあります。

 

Tags: 日本SEO情報

  • 私たちのコンセプト:顾客の需要を中心にして、製品とサービスを統合し、顧客ニーズに導いていくのマーケティング型 サイトである。

著作権:上海珍島情報技術有限会社でございます。権利を保留します。沪ICP備06034033番