中文版  |   English

今の位置:ホーム > ニュース

ニュース

SEO行業の成長過程       

文章来源:http://jp.trueland.net/  作者:佚名  发布时间:2012-2-27 14:42:50  浏览次数:

       始まる時には、SEOは本来自己所有のホームページに対して管理者が行うことですが。2000年過ぎ頃から、外注したり請負を行うSEO業者という存在が台頭してきた。SEOの歴史がそれほどながくはないですが。SEO は、そもそも検索エンジンと共存共栄を図らなければならないでしょう。検索エンジンがなければ、 SEOは、プロモーションの手段に成り立たないと言うまでもなく、まるで無駄なもののようです。しかし、このような原則を広く人々に知られるのが、2000前後のことです。
      その前には、検索エンジン自体は、非常に貧弱なシステムしか持ち合わせていません。検索エンジン自体の進歩につれて、SEOの技術も発展しました。2002ごろは、まだSEO業者もそれほど多くなく、個人や数人の従業員だけですが。2004年ごろにSEO業者が爆発的に増えたような気がします。SEOの国内市場規模は約100億円に近いという記事も読んだことがあります。毎年少しづつ伸びているようです。
      一般的にFTPパスワードの情報をSEO業者に預けて、業者が何をやっているかはわからないけど取り合えず作業終了の連絡を受けるというようなスタイルが多かったと思います。その頃は、SEOあるいはSEO対策というキーワードに対し、上位表示されていたのは、特定のSEO業者がメインで、今よりは顧客も少ないですが、競争も少ないので、商売としては当時の方が良かったのではないかなと思います。
      現在はSEO業者の増加に加え、SEOというキーワードで上位表示されるのは、WIKIや無料SEOツールなどが多く、本来費用をかけずに集客を図るはずのSEO業者が、有料広告を使う事態に陥る事態になっています。
      今インターネットの世界というのは変化が早く、アルゴリズムの変化ひとつで表示が変わってしまう恐れがあるということを実感いたします。SEOというカテゴリが広くなって、口コミや企業の繋がりなどでSEOを開拓する時代になっています。

 

Tags: 日本語SEO対策

  • 私たちのコンセプト:顾客の需要を中心にして、製品とサービスを統合し、顧客ニーズに導いていくのマーケティング型 サイトである。

著作権:上海珍島情報技術有限会社でございます。権利を保留します。沪ICP備06034033番