中文版  |   English

今の位置:ホーム > ニュース

ニュース

ヤフーとグーグル検索エンジンの異同       

文章来源:http://jp.trueland.net/  作者:佚名  发布时间:2012-3-12 18:03:20  浏览次数:
SEO業者はヤフーとグーグルも日本の二つ重要な検索エンジンだと知っています。でも、いつもヤフーとグーグルで同じワードを検索すると、それぞれ違う結果が表示されています、この原因は何とか?どのような異同がありますか。
   ヤフーではYST(ヤフーサーチテクノロジー)を、グーグルはGoogle、msnを運営するマイクロソフトはbingを、と各社が異なる検索エンジンによって順位を決めています。そこで今回は、外部対策と内部対策について最近の傾向をヤフーとグーグルを比較しつつ何点か挙げてみたいと思います。
内部対策
グーグルは自サイト内の構造や内容を見て判断や評価するのに対し、ヤフーは重要とされるタグ(Hxやstrongなど)に書かれているワードを評価しているようです。またキーワード出現率もグーグルに比べ重要としているようです。グーグルは更新頻度と文字数を重視。ヤフーはそれらの要素はあまり考慮していないようです。
外部対策
グーグルは外部対策(被リンクやディレクトリ登録など)が重要視され、ヤフーは内部対策(ソースコードやキーワードの最適化など)が重視されていると言われていましたが、近年ではグーグルも内部を以前より見るようになっており、ヤフーも外部を重視する傾向が見られます。
グーグルは被リンク元のリンクサイトの数と、更新頻度やページ数とページランクなどを見て被リンク元の質を判断し、ヤフーは被リンク元のドメインエイジ(ドメインを取得してからの期間)やヤフーカテゴリに登録されているかどうかを重要としているようです。
被リンクについて
ヤフーに比べてグーグルは外部が重視される事や、リンクされるサイト数や更新頻度などが影響してきますが、さらに重要な要素として、リンク元サイトの「関連性」が挙げられます。例えば運営しているサイトが「服」を販売するサイトだとします。
   SEO対策とは上記のように外部施策と内部施策によって行われ、さらにYahooとGoogleのそれぞれによって対策のコツが違います。しかし、私たちは必ず注意しなければならないのは、あまり対策やスパム行為やキーワードなどを施策を施しすぎる、検索エンジンで読み取ってもらえなくなることもありますよ。

Tags: 日本語SEO対策

  • 私たちのコンセプト:顾客の需要を中心にして、製品とサービスを統合し、顧客ニーズに導いていくのマーケティング型 サイトである。

著作権:上海珍島情報技術有限会社でございます。権利を保留します。沪ICP備06034033番