中文版  |   English

今の位置:ホーム > ニュース

ニュース

ヤフーとグーグルの性能を比較       

文章来源:http://jp.trueland.net  作者:佚名  发布时间:2012-3-16 17:58:09  浏览次数:

     皆さんはヤフーとグーグルSEO最適化ことがよく知っています、でも、その二つの中の異同はよく知っていますか。多いなSEO株式会社はこの二つの違い点を掌握したいですが、でも、これは一番難しいです。
     長い時間でヤフーやグーグルGoogleの場合クローラーの性能が高くよりコンサルティング要素を含んだSEOが必要となります。最近はユーザー参加型のサイトは異論も多いとすごく感じます。ユーザーが訪れるだけでなく、レヴューなどを行うユーザー参加型のサイトはきっと良いサイトなのではないか?そのような考えではないかと推測します。ではYahooと比較しどのように性能が高いのか比較してみましょう。
     まずはサイトテーマの統一性です。Yahooのようにページ個単位ではなくサイト全体をクロールしサイト全体を評価しどのページを表示するのか判断しています。ですので日ごろ検索している中で広義なキーワードにおいても下層ページが上位表示される事が多いかと思います。サイト全体にてページを贅沢に使用し当該ワードについて大いに語り解説しているサイトが望ましいです。従いまして広告の用のランディングページなどのようにペラペラのサイトはリンクをいくら集めた所で上がりにくいです。検索エンジン最適化のことはよくしたいなら、この違う点をよく分かります。
     もう一つはサイト全体のディレクトリ構成におけるバランスです。偏ったディレクトリではなくトーナメント表のようなディレクトリ構成ですと満遍なく各ページに力が行き渡りサイトが高評価を得るでしょう。結果当該ワードに最適なページが上位表示されると思います。この他にも細かい事を上げるとサイトの更新性ですとかページ内の当該ワードにおける含有率などたくさんあるのですが特筆すべきは前回の投稿内容との違いです。
     この二点はヤフーとグーグルの性能の異同点です。自分のサーチエンジン最適化仕事をよく操作したいなら、ぜひこの知識をよく理解していただきますよ。

 


 

Tags: 日本語SEO対策

  • 私たちのコンセプト:顾客の需要を中心にして、製品とサービスを統合し、顧客ニーズに導いていくのマーケティング型 サイトである。

著作権:上海珍島情報技術有限会社でございます。権利を保留します。沪ICP備06034033番