中文版  |   English

今の位置:ホーム > ニュース

ニュース

日本SEOの厳しさと応対策       

文章来源:http://jp.trueland.net  作者:佚名  发布时间:2012-4-1 10:38:43  浏览次数:

    国際競争の激しさあと国際市場のニーズ、それにインターネットの全世界に普及されることによって、ネットマーケティングに携わる国々は急速に上がってきました。それに、SEO最適化を利用する企業者もだんだん多くなりました。日本にも例外がありません。日本語SEOはどんな状態を露出していくのかを注目されます。
    SEO最適化の技術が日本に輸入されるのはもう10余年になりました。2008年の日本SEOの市場規模は130億1000万円に達し、不況の中でも前年の推測値を大きく上回りました。日本人もSEO最適化の重要性を理解し、アウトソーシングと並行してインハウスでの導入を進めている大企業も増えてきているが、市場を下支えしているのは全企業の構成比で99.7%を占める中小企業ではないだろうか。同時に中小企業のSEO最適化リテラシーは、まだ米国に遥か及ばないというのがコンサルを通じての筆者の印象です。検索エンジン最適化業者の2極化の一方で、ユーザーの意識の2極化も明らかな現象と言えます。簡単に言えば、資金は出さないがサイトで集客をしたい、という認識不足からのアンビバレンスが一般化してきているのが手に取るように見えます。
    日本語最適化の「安売り」が横行し始めるまでの期間は、米国で市場が熟成するに至った期間よりもはるかに短いのではないか。最近更新されたYahooのアルゴリズムでは、これまで以上に「リンクのたたき売り」に対する縛りが厳しくなりました。つまり、外部リンクの数よりも1本の質が強く求められています。
    今サーチエンジンマーケティングに携わる企業者の増加と各検索エンジンでのアルゴリズムがかわりつつあります。そんな厳しいサーチエンジン最適化の業界の中で、今後の日本SEOの方向はさらに厳しく、道は狭くなってきていると感じられます。そこでSEMというマーケティングの観念と戦略が必要になっています。


 

Tags: SEO会社

  • 私たちのコンセプト:顾客の需要を中心にして、製品とサービスを統合し、顧客ニーズに導いていくのマーケティング型 サイトである。

著作権:上海珍島情報技術有限会社でございます。権利を保留します。沪ICP備06034033番